水道水ウォーターサーバーのレンタルはメリットだらけ

水道水ウォーターサーバーとミネラルウォーターでは、どちらが安全で健康に害がなく、経済的なの?そんな疑問について調べてます。水道水の品質管理は?ミネラルウォーターのダイエットやデトックス効果はホント?どうせ飲むなら納得して飲みたいもの。

水道水ウォーターサーバーのレンタルはメリットだらけ > 水道水ウォーターサーバーとミネラルウォーターを比較

水道水ウォーターサーバーとミネラルウォーターでは、どちらが安全で健康に害がなく、経済的なの?そんな疑問について調べてます。水道水の品質管理は?ミネラルウォーターのダイエットやデトックス効果はホント?どうせ飲むなら納得して飲みたいもの。

水道水とミネラルウォーターの違い

ウォーターサーバーなんて贅沢品は要らない。こんな声を聞いたことがあります。確かに、ウォーターサーバーがリビングに置いてあると、ちょっと気取った感じを受ける人も少なくありません。

しかし、今は「水を買う」ことが当たり前の時代です。なぜ、買うことが当たり前になったのか。いつしか水道水に抵抗を感じる人が出始めたからです。あるアンケートでも水道水を直接飲む事に抵抗を感じる人が約30%近い数字が出ています。

出典:ミネラルウォーターを購入する最大の理由、27.4%は「水道水には抵抗がある」
http://www.garbagenews.net/archives/1249266.html

その一方でミネラルウォーターが人気です。味が選べる、硬度が選べる、ペットボトルで持ち運びが出来る、ダイエットやデトックス効果もある等々。国内では800種類以上の製品が出回っています。ここで素朴な疑問。水道水とミネラルウォーターの違い、特にミネラルウォーターについては、わかっているようでわかってない事のひとつかもしれませんね。

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターは、農林水産省が発表しているミネラルウォーターの品質表示のガイドラインで4つに分類されています。

ナチュラルミネラルウォーター ミネラルを自然に含んでいる地下水を原水とする水
ナチュラルウォーター 特定水源で採水された地下水。沈殿、濾過、加熱殺菌のみ。
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターに品質安定のための調整を施した水
ボトルドウォーター 処理制限の無い水。水道水、蒸留水、純水など。

一般に市販されているミネラルウォーターは、この表で言うところの「ナチュラルミネラルウォーターに品質安定のための調整を施した水」になります。ちなみに国内のミネラルウォーターは、ほとんどが軟水です。水道水も軟水なので日本人は軟水が馴染んでいるはずです。欧米でミネラルウォーターを飲むと、何となく違和感を感じたりしませんか。売れ筋ミネラルウォーターである「コントレックス」も実は硬水です。

ミネラルウォーターは健康に良いのか

健康志向や水道水の味が馴染めないから自宅で使う、外出時に持って行きたい、勤務先に持って行くなどの理由で、ペットボトルのミネラルウォーターを買うと思います。やっぱりおいしいですよね。新幹線の中でのお弁当のお供をミネラルウォーターにしてみると、お弁当の味が素直に入ってきます。真夏日もミネラルウォーターと熱中症対策にOS1のどちらかを携帯しますね。

基本的に、ミネラルウォーターで健康になるというのは、プラシーボ効果が働いているという見解が多いという事ですが、水分不足を指摘されることが多い人が積極的にミネラルウォーターを飲むと、水分不足が解消されて、より健康的にはなりますよね。ミネラルウォーターは水道水よりはミネラルを多く含んでいますが、食べ物で摂取した以外のミネラルは排出されるそうなので、ミネラルウォーターが身体の中を通り過ぎているだけという話もありますが、水分不足の解消だけでも十分ですよね。

かつて海洋深層水について公正取引委員会が入りました。これは一部の業者が、科学的根拠もなく神秘的なイメージだけで健康に良いことや病気が治るかのようなPRの仕方が、薬事法に抵触したことで起こった問題です。

海洋深層水=健康に良いという図式をイメージさせただけ。ビジネス的なPRに翻弄されてはいけないですね。

ミネラルウォーターを否定するつもりはありませんし、海洋深層水についても公正取引委員会からガイドラインが制定されているので、未だに海洋深層水はDHCなど有名企業が販売しています。

ミネラルウォーターの製品の中には、ダイエットやデトックス効果もあるそうですが、元々水はカロリーゼロです。大半の人が水分不足なので、十分な水分補給をすれば身体の調子は上がります。そもそも健康に必要以上に執着するのは健康的なんですかね?

そこでミネラルウォーターを、「好きな飲み物」というスタンスの方が、それこそ自然だなと思います。例えば、朝はコーヒーよりミネラルウォーターが目覚めが良いから飲むという感じですね。

水道水の残留塩素とトリハロメタンは危険なのか

危険物質のイメージ

小さいころ、田舎のおばあちゃんが言ってました。田舎の水は都会よりも美味しいと。言われても子どもですから味覚の違いは感じ取れません。井戸水となると貴重品扱いで、大事に使えと言われました。大人になって、当時の時代背景などを思い返すと、今となっては井戸水を飲んでいたのは、ちょっと怖いことでした。身体に異変はなかったからいいですけどね。

日本の水道技術と品質は世界一というのは誰もが認めるところです。水道水は国の安全基準をクリアして届けられますが、ミネラルウォーター以上の基準であること、ご存知でしたか?

逆に言えば、ミネラルウォーターの方が基準が緩いんです。基本的な品質は水道水の方が上です。

水道水の塩素

ただし、水道水で気になることは、残留塩素ですね。この塩素は身体に害はなく、雑菌の繁殖を抑える役割があります。ペットボトルには入ってないですから、開封後は早めに飲みましょうと書かれています。ペットボトル内の水は、空気に触れたら雑菌の繁殖に好都合なんですよ。

水道水は塩素の味がする、なんて、訳知り顔で言ってる人は、浄水技術が未熟だった時代の水道水の塩素臭が頭にこびり付いているのではないですか。今の水道水の浄水技術では、塩素量は少なくなってます。コップに水を入れて少し時間を置くだけでも塩素が飛びますから、味はしないはずなんてす。

水道水のトリハロメタン

水道水には発がん性物質のトリハロメタンが入ってますから浄水器で取り除きましょう!!

ということを聞かされて、浄水器を買わせる営業に乗ってはダメです。超高額な浄水器のローンを組まされるだけです。

水道水のトリハロメタンは、浄水場での塩素消毒の際に水中の有機物と反応して生成されるので、ゼロではありません。これは事実のようです。ただトリハロメタンは「発がん性があるかもしれない」という疑いが持たれているだけで、まだ確証データなどは出でいないようです。しかし、現在はオゾン滅菌などでトリハロメタンは無害レベルにまでなっています。

水道水ウォーターサーバーの浄水力でミネラルウォーター生成

発がん性のあるトリハロメタンを心配する声もありますが、トリハロメタンの大部分を構成するのはクロロホルムです。日本の水道水にはほんのわずかしか含まれていません。それを裏付ける理由として、WHO(世界保健機構)では、1リットル当たりクロロホルム0.2ミリグラムを基準値としていますが、日本の水道水は1リットル当たり0.06ミリグラムを基準としているからです。

このWHOの基準は、一生飲み続けても発がん率10万分の1を越さないレベルですが、それをさらに上回るのが日本の基準なんです。また、クロロホルムは体内には蓄積されずに、二酸化炭素になって排出されるので、トリハロメタンつまり大部分を構成するクロロホルムでの健康被害は非常に考えにくい状況です。

安全とは言っても何となく水道水は飲みたくない。

ならば、水道水ウォーターサーバーで浄水するとミネラルウォーターが出来るので、水道水ウォーターサーバーはおすすめです。そこまで厳しい基準をクリアしている日本の水道水を、水道水ウォーターサーバーでは、さらにフィルターで浄水してミネラルウォーターを作り出しているので、品質と衛生面の心配は無いことがわかると思います。

水道水ウォーターサーバー自身に、水道水を浄水する能力があるので、家庭に浄水システムができたと思えば、月額費用は安いと思います。経済性や安全性を踏まえると、楽水ウォーターサーバーですね。楽水ウォーターサーバーは3本のフィルターでミネラルウォーターを生成します。

■セディメントカーボンフィルター
5ミクロン以上の混合物、サビ、砂、微細な不純物等を除去。
■ウルトラフィルターUF
自然水のミネラルバランスを維持して雑菌等を除去。
■ポストカーボンフィルター
活性炭の吸着式を利用して塩素等の有害物質のニオイを除去。

ミネラルウォーターを作るウォーターサーバーがあれば、ペットボトルの水をわざわざ購入しなくても済みます。水道水ウォーターサーバーは月額費用が定額で、使い放題ですから水道水ウォーターサーバーを置くだけで、贅沢にミネラルウォーターが使える事になります。