水道水ウォーターサーバーのレンタルはメリットだらけ

ウォーターサーバーは水を買わない水道水タイプが格安のレンタル料金で使い放題。電気代の心配もエコ機能で夜中の消費電力も低減。静かなウォーターサーバーなら赤ちゃんも家族もスヤスヤ快眠。ウォーターサーバーの気になる電気代について。

ウォーターサーバーは水を買わない水道水タイプが格安のレンタル料金で使い放題。電気代の心配もエコ機能で夜中の消費電力も低減。静かなウォーターサーバーなら赤ちゃんも家族もスヤスヤ快眠。ウォーターサーバーの気になる電気代について。

ウォーターサーバーの電気代節約機能

ウォーターサーバーは、もはや贅沢品ではなく、電化製品として考えている人もいるようです。家電量販店で売られることはなく、ウォーターサーバーメーカーの独自通販のみ申込みできるスタイルですが、電気で動く仕組みである以上は消費電力は低いほうが良いですよね。ウォーターサーバーだって電気代は安いほうがいいに決まってます。基本的に電源は入れっぱなしですから、節電機能のありなしでは随分違ってきます。

顕著な例はクリクラです。

クリクラ 無料お試し

無料お試しでレンタルのハードルが低くなっているクリクラは、電気代の目安を公開しています。クリクラのウォーターサーバーは2種類4タイプ。1ヶ月間でボトル4本利用の平均値で、電気代は22円/kWhとして計算した結果がコチラです。

クリクラサーバーL 平均1,283円/月
クリクラサーバーS 平均1,140円/月
クリクラ省エネサーバーL 平均535円/月
クリクラ省エネサーバーS 平均524円/月
(Lは据置型、Sは卓上型)

省エネサーバーは、水から温水を作る際のヒーターの熱効率や温水タンクの保温性能が良くなったことで、電気代を抑えられています。ただし、省エネサーバーをレンタルする際は、初回金として7,000円の負担が必要です。1年間を通して電気代を計算してみました。

■クリクラサーバーL 15,396円
■クリクラサーバーS 13,680円
■クリクラ省エネサーバーL 6,420円 + 7,000円 = 13,420円
■クリクラ省エネサーバーS 6,288円 + 7,000円 = 13,288円
(Lは据置型、Sは卓上型)

となり、初回金を支払ってもクリクラ省エネサーバーの方がお得になります。つまり1年以上使うのであれば省エネサーバーをレンタルが良いですね。ちなみにクリクラには契約期間の縛りはありません。

考え方によっては、500円から1,000円の範囲で大抵のウォーターサーバーの電気代は収まる事から、電気代ばかりに注目するのも節約に限界がありますので、費用負担に大した差は生じません。やはり水の単価などベースとなるウォーターサーバーの各料金体系はチェックする必要がありますね。

ウォーターサーバーの選び方 電気代より大事な口コミ

ウォーターサーバーを選ぶ場合、どうしても口コミ情報に頼りがちになってしまいますが、口コミ情報だけではなかなか集められない情報はたくさんあります。そういった点を、お試し期間などを利用して、現物の使い勝手等をしっかり確認しておく事が、最良のウォーターサーバーを選ぶ最もベストな方法と言えます。

つまりお試しで感じたことに共感できる事が多い口コミは、ある程度の信頼性があると判断できます。実物を使ってるわけですから、中には違和感を感じる情報は、参考意見程度に見ておけば良いのです。実際に使ってみて初めてわかるのは、その利便性、操作性です。もちろん、これらについては口コミ情報で存分に語られています。

しかし、それはあくまでも他人の印象。自分にとって、そのウォーターサーバーが使いやすいのか、そもそもウォーターサーバー自体の使用感としてどうなのか、といった印象は、自分で使用してみて初めてわかる部分です。

お試し期間中に、ランニングコストやイニシャルコストについて、再度、メーカーに直接問い合わせしておきましす。誤解があると損しますよ。口コミの信頼性がわかれば、契約するか、お試し期間で終了するか、早めに決断出来ますね。

実際にレンタル中の方の口コミ情報をシェアします。独自アンケートの回答の一部になります。

"営業で来て、お試しを利用して良かったのでレンタル契約。夏はすぐに冷たい水が飲める。お湯を沸かさなくてもお湯が出る。子供がウォーターサーバーの水なら飲んだ。夏は冷たい水が出て飲めて良いけど、冬はお湯をたまに使う程度で、あまり水が減らなかった。"

"水道水がおいしくないので、ウォーターサーバーを契約することにした。いつでもお湯がでるので、沸かす手間がない。定期配送してくれるので自分で買う手間もない。飲料分なら毎月ひと箱で十分ですが、料理の時にもウォーターサーバーの水を使うとすぐになくなってしまうこと。"

メリットとデメリットが完結にまとめられているので参考にしてください。

ウォーターサーバーレンタル中の電気代を調査

ウォーターサーバーの口コミは、メリットやデメリットも語られています。販売サイトに書かれていることが、そのまま情報として出ていたりしますが、具体的な事柄に触れていると、信頼性は高いですよね。

例えば、ウォーターサーバーは、温水も冷水もすぐに出せるという利点があります。夏場の暑い時期のお昼にカップラーメンを食べようとする場合、カップラーメン用に温水を出し、お冷用に冷水を出すなど、非常に便利な使い方ができます。夏場は特に、お湯をやかんなどで沸かすと、台所周辺やリビング全体に熱がこもり、熱中症を加速させる事にもなりかねないので、ウォーターサーバーを設置した家庭もあります。

またボトルが宅配されてくるウォーターサーバーは、ボトル自体が重くてセットが大変です。ボトルの容量は12リットルつまり12kgほどありますから、交換の頻度は低いにしても、腰をやってしまう重さです。2本セットですから在庫が邪魔だったりと、欠点を憂う声も多いですね。水道水を使う楽水ウォーターサーバーなら、ボトルのセットが不要なので、不満の声は全くありません。

本体も大型の据置タイプとコンパクトな卓上タイプがあります。大抵は、据置型を想定する人が多いのですが、あまり使う機会がないとすれば、結構邪魔になります。元々キッチンが狭いと窮屈です。そんな時は、場所を取らない卓上型で十分だという口コミも大いに参考になりますよ。楽水ウォーターサーバーの卓上型は、とてもコンパクトなので、検討の価値ありです。

天然水タイプの卓上型ウォーターサーバーでは、ボトルの大きさは変わらないタイプもあり、不安定な印象を受けます。小さいボトルだと、交換頻度が上がり、消費も増えますので、あまり利用されていない事が口コミで垣間見えますよ。

ウォーターサーバーの電気代にも触れられていて、具体的な金額は当然出ません(合算での請求のため)が、感覚的には「あまり高くない」という口コミが圧倒的です。ウォーターサーバーの電気代を知りたいなら、検電器を使うしかありません。


ワットモニター(検電器)[TAP-TST8N]

ウォーターサーバーの最高消費電力でW350程度です。40型のプラズマテレビなど、同程度の消費電力の家電を探して事前にチェックすると、ウォーターサーバーの電気代が予測できますよ。

ウォーターサーバーの電気代を計算で求める

ウォーターサーバーの電気代は計算でも、ある程度、求めることが出来ます。計算過程をここに書いておきますので、参考にしてください。ウォーターサーバーの電気代のシミュレーションです。

【計算条件】
・最高温度は95度
・水の温度は10度(仮定)
・水の比熱 4.187J/(g・℃)
・熱効率 100 ←あり得ないですけど便宜上
・水の量 12リットル ← 宅配天然水ボトル1本分
・1kWh単価 25円 ← 電気料金プランで違いますが便宜上

【計算式】
温度差 95 - 10 = 85度
電力量 1,200g(12L) × 85度 × 4.187 = 427,074J kWh
変換 427,074J = 0.118632kWh
電気代 0.118632kWh × 25円 ≒ 2.96円

上記の条件下では、

・10度の水を95度にまで上昇させる電気代は2.96円
・1日5回沸かすと14.8円
・1ヶ月30日として444円

という結果になります。温水だけじゃなく冷水にする時も電力は必要なので、プラスアルファはありますが、1,000円は超える可能性は低いと考えてよいのではないでしょうか。計算通りには行かないにしても、目安として納得できたかと思います。

シミュレーションの元になっているデータは、水道直結式の楽水ウォーターサーバーを参考にしました。月額3,500円(税込)で使い放題の水道水を使う格安ウォーターサーバーです。エコモード搭載ですから、ウォーターサーバーの電気代の相場以上にはなりません。

具体的な電気代の金額については、設置される場所によって違いが出るために算出は非常に難しいですが、価格ドットコムの調べでは宅配水ウォーターサーバーなら、1ヶ月約330円から1,000円の幅になっていました。

価格ドットコム調べの電気代を相場として見ると、楽水ウォーターサーバーの消費電力は、冷却85W、加熱ヒーター350Wで、数字の近い製品をざっと見てみると、約400円前後と想定できます。ほぼ計算通りになるので、気になるウォーターサーバーがあれば、公式サイトで電気代の目安をチェックしたり、計算してみましょう。